オートマチックトランスミッションとは

いま、合宿免許で運転免許取得しようとしている人たちは、オートマチックトランスミッション(automatic transmission、AT)の選択肢でいいのか、迷っているのではないでしょうか。

そもそも、それ程、クルマに関心を持っていない人たちは、オートマチックトランスミッション(automatic transmission、AT)が何かがわからないです。

オートマチックトランスミッションが何かわからない

そして、オートマチックトランスミッションか、マニュアルの選択肢に迫られて、どうしていいかわからないで迷っている人たちも多くいるでしょう。

そして、お店の人たちに、オートマチックトランスミッションの方が簡単に免許取得出来ますよとか、料金が安いですよと言われて、それ以外の違いもわからないまま、オートマチックトランスミッションを選択していることでしょう。

無論、料金が安くて、簡単に運転免許取得できるのなら、おおかたそれでOKというのでしょうけど。

でも、オートマチックトランスミッションとマニュアルという選択肢があるということは、非常にわかりづらいのも事実です。

オートマチックトランスミッションの日本の歴史

日本で、オートマチックトランスミッションがスタートしたのは、1958年(昭和33年)の頃だと言います。 岡村製作所が開発しました。

1959年(昭和34年)では、トヨタ自動車が商用車のトヨペット・マスターラインに、はじめて、トルクコンバーターを組んだ2速セミオートマチックトランスミッションが搭載されることになります。

1967年(昭和42年)あたりでは、日本の競合他社もトヨタに追随し、オートマチックトランスミッションのクルマが次々作られることになります。

海外では、オートマチックトランスミッションはどうなのか

日本では日ましに、オートマチックトランスミッションという意識が高くなり、オートマチックトランスミッションは、当たり前という認識にまで至ろうとしています。

しかし、日本にはそのような傾向がありますが、ヨーロッパでは、依然マニュアルが主流だったりします。敢えて、言えば、アメリカと日本では、「オートマ」という意識が根強く存在しているようです。

アメリカでは、簡単操作でスムーズに走る「イージードライブ」が国民の体質のぴったりとはまったとも言われています。

アメリカと比較してヨーロッパでは、クルマは、必要不可欠な移動手段であるという認識が高いため、 クルマは移動のための手段だから敢えて便利なオートマがいいという認識の仕方もありますが、そうではなく、そのためにもともとクルマなんて必要な装置がついていればいいんじゃないかという認識があるようです。クルマはあればいい……。新しい流れに参加するモチベーションがそもそも備わっていないようです。

投稿者について

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です