合宿免許あれこれ

さあ、合宿での運転免許取得、そのようなとき、まず、 最初にどのような点に注意しなければならないのでしょうか。

合宿免許の初日、ここでしくじると、合宿での運転免許取得は何もかもスムーズに進行しなくなってしまうかもしれません。

合宿免許初日の注意ポイント

いよいよ、合宿免許の日です。このような日、あなたが一番注意をしなければならないことはなんなのでしょうか。

まさに、合宿での運転免許取得に対して期待値満々、かつ不安も相当大きいのではないでしょうか。最初につまずいて、本当に合宿免許でこのままやっていくことができるか不安も一杯になってしまうでしょう。

まず、あなたがしなければならないのは、必要な持ち物のチェックです。

持参しなければならないのは、本人確認のできる身分証&印鑑に本人の顔写真、また入校手続きを同時に行う場合は、申込み書類と入校必要金です。

行かれる合宿での運転免許取得での違いもありますので、それぞれでしっかり確認を済ませておいてください。

支払いに対しても、クレジットカードや振り込み対応というところもあり、あらかじめチェックしておきましょう。

視力が低い人はメガネかコンタクトレンズなどの持参が要求されることもあります。

わからないことは、電話、Webで問い合わせをしてください。

入校当日の流れについて理解しよう

当然のことですが、できるだけ不安を解消するという意味でも、しっかり入校当日の流れについて理解しましょう。

入校当日には入校の申込みが必要です。あらかじめ仮申込みやWebフォームで必要事項を記入できる合宿での運転免許取得もあります。

合宿免許最初には、視力・聴力・体力検査というものも行われます。 また合宿免許では、性格テストが行われることもあります。

テストというものの、ここで落とされてしまうことはまずありませんので、安心して向きあってOKです。

入校日に学科講習を受ける場合がある

合宿免許とは、非常にスピーディーに運転免許取得することができる方法です。それは、スケジュールが濃密につまっているから実現することができます。

ですから、いきなり合宿免許はじめての日に、学科講習を受けることは充分あり得ることです。

最初だから……という気持ちを持たないで、最初からやるぞ!というモチベーションが大事です。

技能教習初日の服装にもしっかり注意しましょう。まず教官との顔合わせです。今後も合宿免許において付き合うことになるので、しっかりあいさつマナーもお忘れなく。