合宿免許あれこれ

合宿での運転免許取得は、通学の免許取得と比較して交通事故を起こす率が高いと言いますが、それは本当なのでしょうか。

であればやっぱり通学の免許取得がいいということになってしまうのでしょうか。真実を追求しましょう。

合宿免許と言ったらムーチョ

合宿免許は、交通事故のリスクが大きい?

合宿での免許取得は、スピーディーにかつリーズナブルで運転免許取得することができる方法です。

最近では若い人たちは合宿での運転免許取得を選択するケースが増えて来ています。

しかし、そうはいうものの、合宿免許では交通事故のリスクが高いというのなら、やっぱり合宿での運転免許取得の選択肢は正しくないということになるのではないでしょうか。

なんで合宿免許は交通事故率が高いと言われてしまうのか

合宿での運転免許取得で交通事故率が高いとは言われることです。実際に合宿での運転免許取得では、教官の手抜き、甘いということが起きているのでしょうか。

いろいろ合宿での運転免許取得がありますが、実際に甘めが売りでお客様を呼ぶようなところがあれば、 そんな合宿免許はこの世に存続出来ないでしょう。

合宿免許では、スピーディーかつ、リーズナブル、またいろいろ観光スポットめぐりをすることができたり、女性の人たちが安心して行けるようにセキュリティー体制が万全だったり、食事メニューが充実していたり……、セールスポイントが一杯あります。しかし、甘さが売り!というセールスポイントの合宿免許なんてひとつも見つけることは出来ないでしょう。

「オレの知ったことではない」「寝たふりをしているからどんどん卒業して行ってくれたまえ」……という合宿免許がそもそもあるはずはありません。

でもやっぱり合宿での運転免許取得はゆるいと言われている

でも、やっぱり合宿での運転免許取得は、ゆるい、甘いという言われ方をしています。それは何故なのでしょうか。

それには卒業検定において、都会と比較してそれほどハードルの高くない道を走るので、トラブルがおきにくいのが原因ともいうことができます。

そして、更に合宿での運転免許取得では、 短期間という問題も絡んでいるのだと思います。

スピーディーに運転免許取得するため、合宿での運転免許取得では、スケジュールをこんつめています。

生徒も一気に運転免許取得というモチベーションが高いです。通学での運転免許取得でダラダラ運転免許取得という人たちより、自己の集中力が高いから簡単という感じもしてしまうのではないでしょうか。